介護付有料老人ホームの選び方

介護付有料老人ホームは住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームに並ぶ有料老人ホームの1つです。

厚生労働省が作成した「有料老人ホーム設置運営標準指導指針」によると、介護保険の特定施設入居者生活介護の指定を受けていることと明記されています。

なお、特定施設入居者生活介護はサービス付き高齢者向け住宅、ケアハウスなどに入居している要介護者に対し、食事をはじめとした健康管理、入浴や排泄など日常生活において介護サービスを提供する施設のみが各都道府県から認定を受けることが出来ます。

原則として65歳以上の方が入居の対象としている介護付有料老人ホームですが、60歳以上としている施設が専らです。
介護付き有料老人ホームは便利です。

要介護1以上の方を入居対象に限定したものが「介護専用型」で、要支援や要介護認定されていない自立生活を送れる方でも入居できるのが、「混合型」で、気管切開や胃ろう、認知症などの医療行為が必要な方でも入居可能な施設もあります。

一方、感染症や身元引受人がいない場合は入居できないとしている施設もあるので事前に確認する必要があります。介護付有料老人ホームへの入居に際しては入居する際の一時金と月々の利用料が必要です。

入居一時金については0円のところもありますが立地条件や設備の充実度に応じて数万円から数千万円まで様々です。

月々の利用料には家賃や食費、水道光熱費の他に1割自己負担となる介護保険料が必要で、別途医療費やおむつ代などがかかってきます。
全国の有料老人ホームは現在1万を超えており、その内介護付有料老人ホームは半数を占めています。

高齢化社会の現代、介護の需要は高く施設の数もそれを反映したものとなっております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *