介護付有料老人ホームの特徴

老人ホームや高齢者の介護施設と一口に言っても、運営主体やサービス内容などによってその種類は様々あります。

主に民間事業者が運営するものには「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅」があります。

民間事業者だけでなく社会福祉法人も運営するものとしては「地域密着型施設」や「軽費老人ホーム」が、医療法人もまた運営するものとしては「介護保険施設」があります。
介護付有料老人ホームを利用しましょう。

このうち、「介護付有料老人ホーム」は、有料老人ホームの中でも、認知症の人にも対応することができるほどの施設で、より介護レベルの高い人を受け入れています。この特徴からわかるように、当然施設内のスタッフによる介護が可能になっていますが、必ずしも現状で介護を受ける必要がある人だけを受け入れている施設ばかりではありません。
介護付有料老人ホームの中には、要介護者を受け入れて施設内のスタッフが介護を行なう「介護専用型」だけではなく、要介護者と介護のいらない健常者を受け入れ、必要に応じて施設内のスタッフからサービスを提供する「混合型」もあります。

また、施設内のスタッフではなく、外部事業者による介護サービスを使う「外部サービス利用型」というものもあります。

このように、介護付有料老人ホームには、受け入れる高齢者の状態に合わせて、提供するサービスの幅が広く、施設によって異なるという特徴があります。

ただし、民間事業者が運営しているというだけあり、施設によっては利用費が高額なところもあります。

そのため、介護保険の適用の可否や費用設計をしっかりとしたうえで利用することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *