感情のないイメージ上のブログ http://wlsfriends.com My WordPress Blog Mon, 06 Feb 2017 09:41:58 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 介護付有料老人ホームの選び方 http://wlsfriends.com/?p=17 http://wlsfriends.com/?p=17#respond Mon, 06 Feb 2017 09:41:58 +0000 http://wlsfriends.com/?p=17 介護付有料老人ホームは住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームに並ぶ有料老人ホームの1つです。

厚生労働省が作成した「有料老人ホーム設置運営標準指導指針」によると、介護保険の特定施設入居者生活介護の指定を受けていることと明記されています。

なお、特定施設入居者生活介護はサービス付き高齢者向け住宅、ケアハウスなどに入居している要介護者に対し、食事をはじめとした健康管理、入浴や排泄など日常生活において介護サービスを提供する施設のみが各都道府県から認定を受けることが出来ます。

原則として65歳以上の方が入居の対象としている介護付有料老人ホームですが、60歳以上としている施設が専らです。
介護付き有料老人ホームは便利です。

要介護1以上の方を入居対象に限定したものが「介護専用型」で、要支援や要介護認定されていない自立生活を送れる方でも入居できるのが、「混合型」で、気管切開や胃ろう、認知症などの医療行為が必要な方でも入居可能な施設もあります。

一方、感染症や身元引受人がいない場合は入居できないとしている施設もあるので事前に確認する必要があります。介護付有料老人ホームへの入居に際しては入居する際の一時金と月々の利用料が必要です。

入居一時金については0円のところもありますが立地条件や設備の充実度に応じて数万円から数千万円まで様々です。

月々の利用料には家賃や食費、水道光熱費の他に1割自己負担となる介護保険料が必要で、別途医療費やおむつ代などがかかってきます。
全国の有料老人ホームは現在1万を超えており、その内介護付有料老人ホームは半数を占めています。

高齢化社会の現代、介護の需要は高く施設の数もそれを反映したものとなっております。

]]>
http://wlsfriends.com/?feed=rss2&p=17 0
介護付有料老人ホームの特徴 http://wlsfriends.com/?p=14 http://wlsfriends.com/?p=14#respond Mon, 06 Feb 2017 09:40:34 +0000 http://wlsfriends.com/?p=14 老人ホームや高齢者の介護施設と一口に言っても、運営主体やサービス内容などによってその種類は様々あります。

主に民間事業者が運営するものには「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅」があります。

民間事業者だけでなく社会福祉法人も運営するものとしては「地域密着型施設」や「軽費老人ホーム」が、医療法人もまた運営するものとしては「介護保険施設」があります。
介護付有料老人ホームを利用しましょう。

このうち、「介護付有料老人ホーム」は、有料老人ホームの中でも、認知症の人にも対応することができるほどの施設で、より介護レベルの高い人を受け入れています。この特徴からわかるように、当然施設内のスタッフによる介護が可能になっていますが、必ずしも現状で介護を受ける必要がある人だけを受け入れている施設ばかりではありません。
介護付有料老人ホームの中には、要介護者を受け入れて施設内のスタッフが介護を行なう「介護専用型」だけではなく、要介護者と介護のいらない健常者を受け入れ、必要に応じて施設内のスタッフからサービスを提供する「混合型」もあります。

また、施設内のスタッフではなく、外部事業者による介護サービスを使う「外部サービス利用型」というものもあります。

このように、介護付有料老人ホームには、受け入れる高齢者の状態に合わせて、提供するサービスの幅が広く、施設によって異なるという特徴があります。

ただし、民間事業者が運営しているというだけあり、施設によっては利用費が高額なところもあります。

そのため、介護保険の適用の可否や費用設計をしっかりとしたうえで利用することが必要です。

]]>
http://wlsfriends.com/?feed=rss2&p=14 0
介護付有料老人ホームの費用の平均額 http://wlsfriends.com/?p=11 http://wlsfriends.com/?p=11#respond Mon, 06 Feb 2017 09:39:01 +0000 http://wlsfriends.com/?p=11 介護付有料老人ホームの選定を行う際に、どの程度の費用が必要になるのかを理解し、平均額を事前に知っておくということは大切です。

行政が運営を行っている介護付有料老人ホームは、家賃や食費などの月額費が安価で、月々7万円前後です。

しかし、満足度の高い介護サービスが得られない場合が多く、上質な介護サービスを受けたいがために、法人の介護付有料老人ホームを選択する方も多いです。

これらの月額費というのはあくまで平均額なので、当然さらに高い費用を支払い、ホームで生活を送っている方々も大勢居ます。

ところが、平均額とはいえ近頃平均額は年々上昇傾向にあり、より新しく、綺麗で設備の整っている介護付有料老人ホームで生活を営みたいと考えている方が増えています。
介護付有料老人ホームはこちらです。

そのため、平均額にとらわれ過ぎずに、必要になる設備やサービスに着目し、選定することが重要になります。

平均を下回っていたとしても、気にしすぎる必要は無いでしょう。

周囲の方々の意見というのは当然大事ですが、何よりも当事者が満足できるかという点が大切なので、まずは当事者の希望を優先し選定してみましょう。

一通り当事者から介護付有料老人ホームに求める希望を汲みとった後に、平均と比べながらサービスを減らしたり追加をするなどを行いましょう。

費用の微調整はサービスで行い、大きく額を変更したい場合は部屋のランクを上げたり、下げると調整しやすくなります。

こうした調整は、必ず本人を交えて行いましょう。

]]>
http://wlsfriends.com/?feed=rss2&p=11 0
介護付有料老人ホームは特定施設入居者生活介護の施設 http://wlsfriends.com/?p=8 http://wlsfriends.com/?p=8#respond Mon, 06 Feb 2017 09:37:30 +0000 http://wlsfriends.com/?p=8 介護付有料老人ホームは、介護保険の特定施設入居者生活介護の指定を都道府県から受けている介護に特化した施設です。

介護保険費用は、介護保険1割自己負担になりますので要介護度が高いほど経済的負担が減ります。特定施設入居者生活介護の指定を受けていますので、要介護者に対して介護サービス計画に基づく介護や家事サービスを提供します。

介護付有料老人ホームは、サービス提供のために定められている運営基準や人員基準や設備などの条件を満たしています。
介護付有料老人ホームを知るならこのサイトです。

そのため、施設がきちんと介護サービスを提供してくれるのか不安という方も安心です。

介護付有料老人ホームでは、24時間常駐する施設の介護職員が介護を行います。

夜間の見回りや介護など、在宅で行うには難しいですが必要なサービスの提供もできます。

看護師を24時間常駐させている施設では、看護師による医療ケアも提供されます。

また、医療機関と提携して健康管理や緊急時の対応などによる間接的な医療ケアの提供をする施設もあります。

認知症の方でも入居できる施設もありますので、入居可能な施設を調べておくと良いでしょう。

介護付有料老人ホームは、広告などに介護付やケア付と表示されていますので探しやすい施設です。
都道府県窓口で問い合わせたり、施設に資料請求することで施設の立地や設備や提供しているサービスなどが分かります。

候補を絞って見学や体験入居することも、入居後の生活をイメージしやすくなるでしょう。

]]>
http://wlsfriends.com/?feed=rss2&p=8 0
有料老人ホームの説明 http://wlsfriends.com/?p=5 http://wlsfriends.com/?p=5#respond Mon, 06 Feb 2017 09:35:37 +0000 http://wlsfriends.com/?p=5 有料老人ホームとは、高齢者の日常生活での行動、主に入浴やトイレでの排泄の介助、食事の提供などを介護支援する目的の施設で、

民間企業などが主体となって事業を展開しており、低い利用料金で介護サービスが受けられる施設から高級志向の施設まで様々な施設があります。有料老人ホームには、利用者のニーズに答えるために様々な種類の老人ホームがあります。主なタイプは3つあります。1つ目に介護付き有料老人ホームがあります。これは、施設に要介護者を受け入れ専任のスタッフが介護するタイプ、要介護者と健常者の双方をスタッフが介護するタイプ、外部事業者によって介護サービスを行うタイプがあります。
介護付有料老人ホームの情報です。

高齢者の介護のレベルに応じて幅広く対応できることと幅広いサービスを提供することができるのが特徴です。2つ目は住宅型有料老人ホームです。これは、軽度の要介護者やある程度の支援が必要な高齢者を受け入れて介護を行っています。施設内にスタッフは常駐しておらず、必要な時に訪問介護などの在宅サービスを利用して介護を受けることができるため、介護のレベルが要介護になっても施設に居ることができるのが特徴です。

3つ目は健康型有料老人ホームです。これは、自立または要介護者を受け入れる施設です。家事などを専任のスタッフに任せることができ、施設内には図書館やスポーツジムなどを備えることによって入居者のシニアライフを充実させることができるのが特徴です。

]]>
http://wlsfriends.com/?feed=rss2&p=5 0